トリートメントで髪内部の栄養補給

   

トリートメントに関して

トリートメントは「手入れすること」という意味で、一般に髪の毛の手入れに使用する製品のことをいいます。

髪の表面に油分を補い、髪の内部に栄養分を補うために使用します。トリートメントは髪の毛パサパサを抑えて、しっとりとした髪にしてくれるヘアケア用品です。

トリートメントに似ているものとしてリンスやコンディショナーがあります。

リンスは「すすぐ」という意味で、髪の表面を保護するために使用するものです。トリートメントと異なるのは髪の内部までは作用しない点です。

コンディショナーは「調整するもの」という意味で、リンスと同じく髪の表面の保護に使用するものですが、リンスと比較すると強い整髪効果があります。

トリートメントには洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあり、前者が主流とされています。元々は乾いた髪に使用するものでしたが、リンスの代わりとして使用されることが多くなった結果、洗い流すタイプが主流となっています。一方、洗い流さないタイプは成分が時間をかけて浸透するという利点があります。

トリートメントとリンスを使用する上で大切なことは、頭皮の毛穴につけないようにすることです。どちらも、髪の毛の根本にはつけないで、真ん中あたりから毛先を中心につけましょう。

リンスやトリートメントの油分が残ると、頭皮バランスがくずれて、頭皮のトラブルの元になることがありますので、注意が必要です。

 


 - 髪の毛トラブル , , ,