フケが発生する要因を知り、改善しよう

      2016/08/31

フケの種類による原因と対策

頭皮のフケは古くなった角質が剥がれたものなので、誰にでもありますが、地肌の皮脂・常在菌・肌質が関係しており3つのバランスが崩れてしまうと多く出てしまいます。

フケのタイプには2種類あります。まず一つ目は、脂性のフケです。これは、皮脂が過剰に分泌され常在菌の活動が活発になった場合に起こります。

対策としては、シャンプーの仕方に気を付ける必要があります。洗髪をするのが何日かに一回という人は頭皮が不潔になり、頭皮の臭いが発生したり、かゆみが出たりします。

逆に、一日に何度もシャンプーする人は、シャンプーのし過ぎで頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、その皮脂の不足分を補うために過剰に皮脂を分泌してしまいます。

このような過剰な皮脂が脂性フケを引き起こしますので、シャンプーの仕方には気を付けたいものです。

不規則な食生活やバランス良く食事を摂らない人も、皮脂が多く分泌されてしまいますので、食事の見直しが重要なポイントです。

二つ目は乾燥したフケであり、地肌のターンオーバーのリズムが早まり、未熟な細胞が剥がれてしまうことが原因で起こります。原因としては、体調不良やストレスなども影響しています。また、洗浄力の強いシャンプーの使用は、必要な頭皮の皮脂も洗い流してしまうので、フケが発生する原因となります。

また、乾燥した頭皮は乾燥フケだけではなく、かゆみなどの頭皮トラブルを引き起こすこともあるので、注意が必要です。

フケの対策としては、どちらのタイプもフケ対策用のシャンプーを使用し、洗浄力の強いシャンプーを避け、シャンプーをし過ぎないようにしましょう。また、タオルやブラッシングで頭皮を傷つけないようにし、お風呂上りには、頭皮が乾くようにドライヤーを使用すると良いでしょう。

できるだけ規則正しい生活をすることで、皮膚の抵抗力をつけ、過度なストレスをためないことが、フケの防止にもつながります。

 


 - フケ , , , ,